« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月26日 (木)

遠征準備

076_ 機能の部品は、写真のように、M16のネジでバランスウェート軸に取り付けます。一点止めだと、重たい機材や長さのあるものを搭載すると、回転して緩みそうなので、イモネジ3点で押してテンションを掛けています。実績では328くらいは問題なく搭載できます。

077_ BORG77を載せると、このようになります。バランスウェート代わりにPENTAX67の55mmをつけたロールフィルムホルダにしています。若干アンバランスで、調整の必要があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

遠征準備

075_ 遠征用にいろいろと自作しています。

これは、バランスウエイトの代わりカメラを取り付ける部品です。ミニボーグのガイド鏡と同じ方法で取り付けられるので、ガイド鏡をバランスウエイトにしてしまうこともできます。

| | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

遠征準備

074_ BORG77Ⅱにさらにガイド鏡を取り付けるための金具を作成。やはり、これもアルミ材の切れ端を再利用なので、ちょっとかっこ悪いです。

ファインダー台座にガイド鏡を固定し、ガイド星の導入は、自作のイメージシフト。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

遠征準備

073_ BORG77Ⅱにスーパレデューサをつけると、重心がカメラ側に移動するので、鏡筒バンドではバランスが取れなくなります。

アルミ材の切れ端にちょうどよいのがあったので、加工してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

BORG77EDⅡ

072_ 買ってしまった。
ずっと買おうか、やめようか、悩んでいたが、ついに買ってしまった。
購買に踏み切れなかった理由は、
・フードが安っぽい。どうしてもこのフードが嫌いだった。
・似たような口径のFL80、75SDHFがある。

きっかけは、今年の夏休みの遠征機材用。
前回は、ビクセンのFL80にBORGのF4レデューサー(416mm,F5.2)でした。このシステムはとてもシャープで気に入っているが、F5.2と少々暗いのが難点。限られた時間内に多くの天体を撮影するには、もう少し明るい光学系が欲しいところでした。77EDにF4レデューサーの組み合わせで、330mm,F4.3となり、約7割の露出時間で済むので、3割増しの成果があることになる。

出発前に撮影をしてテストをしたいところだけれど、晴れないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »