« 魚眼レンズ | トップページ | 日食の練習 »

2009年6月14日 (日)

双眼鏡

302_832se いろいろ悩んだ挙句、これに決めました。

選択の基準としたのは、今使っているビクセンのULTIMA8×42、これよりも携帯性に優れ、同等くらいに良く見えるもので検討しました。

携帯性の良さはダハ型ですが、モナークでは、見え味がかなり劣り、候補からは、早々に外してしまいました。やはり、画質に拘ってダハを検討するとどれも値段が高くなってしまって、結局、ポロ型になってしまいました。

最終的に検討したのは以下の5機

・ビクセンULTIMA8×32

 悪くは無く、今回探している要件にぴったりなのですが、今使っているのと口径が違うだけで面白みに欠けるので落選。もし、今使っている双眼鏡がULTIMA8×42で無かったら、これを買っていたと思います。

・ニコン8×30EII

 覗いた第一印象が「視野がひろーい」って感じです、これも悪くはないです。比較した他の機に比べ若干コントラストが低いように感じました。

・ニコン10×35EII

 傾向としては、8×30EII似ていますが、こちらの方が、私好みです。SEは既に製造していないので、SEが売り切れていたらこれを買っていたと思います。

・ニコン8×32SE

 8×30EIIに比べるとひとまわり視野が狭くなります。EIIの2機種に比べ、コントラストが高いというか、何となく締まった感じがします。やはり、最初に覗いたときの感じが一番良かったこれにしました。因みに私が買ったお店では最後の一台でした。

・ニコン10×42SE

 8×32SEと5千円くらいしか違わずに買えてしまうところが、最後まで悩ませました。望遠鏡だったら、口径が1cm違いでこの価格帯でこの価格差であれば、迷わずこちらだったのですが、これにすると、大きさもずいぶん大きくなってくるし、今もっているものスペックも似てしまうので、見送りました。

303_832se 結局、携帯性の評価はどこかへ行ってしまいました。重さも大きさもほとんど変わらないですね。

この2機をじっくりと覗き比べましたが、SEは視野全体に渡って、像がほとんど崩れないですね、早く星空を観たくなりました、どうせ買うならオーストラリへ行く前に買って持っていけばよかったと少し後悔です。

|

« 魚眼レンズ | トップページ | 日食の練習 »

機材」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
ニコンのSEシリーズは在庫底払して無いようですね。ニコンはポロ型からダハ型に移行しているようですね。私も今双眼鏡を探しています。双眼鏡選びは奥が深く、悩ましいです。
幾つか候補を挙げていますが、なかなか決められません。以前麻生さんが首相の頃に、定額給付金(12,000円)が支給された事がありましたが、私はそのお金で双眼鏡を買いました。ビクセンのアスコット(10x50)です。定価は26,000円ですが、ネットショッピングで16,401円で購入しました。確かに普通によく観えるんですが、子供の頃に初めて覗いた双眼鏡(8x30)を観た時のような感動はありませんでした。ニコンの10x35EⅡは定価が1万円程値上がりしましたが、視界が広くなかなか評判がいいようですね。SEシリーズがあるなら10x42SEですが、今はもう無いので、今買うなら10x35EⅡ辺りを考えています。一番安いサイトで3万円で買えるようです。ダハ型ならちょっと値段は高いですが、コーワのGENESIS44(10.5x44)でしょうか。一番安いサイトで85,000円で買えるようです。

投稿: 春一番 | 2016年1月19日 (火) 12時51分

春一番さん
はじめまして
ポロ型の双眼鏡はずいぶん選択肢がなくなってしまいましたね。ニコンのSEを購入したときは、すでにモデルが終息してしまうことがきまっていましたし、
いつの間にかビクセンのULTIMAも製造が終了していたのすね。
ダハ型ならばニコンのモナークなどはコストパフォーマンスが良いですが、コーワのGENESISの方が一つ格上の見え味ですよね。
もう少し頑張るとニコンのHGなんですね。

投稿: 250RC | 2016年1月21日 (木) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466874/30092177

この記事へのトラックバック一覧です: 双眼鏡:

« 魚眼レンズ | トップページ | 日食の練習 »