« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月27日 (金)

先週末の結果

377_m8182l 先週の成果です。

まだ、合成前のL画像をモノクロで鑑賞できるように処理をしました。

TOA130+レデューサー

QSI583

10分×8コマ

L画像のコンポジット枚数は4枚だとちょっとよろしくなく、8コマくらいは欲しいとことろ、16コマだと一晩に1天体になってしまうので、8コマが妥当ですね。一コマあたりの露出時間は10分ではちょっと短い感じです。15分くらいはかけたほうがよかったかもしれません。TOAがもう少し明るいと解決するのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

週末の状況

376_toa20091121 21日土曜日の晩は花立山にいって来ました。一晩中ほぼ快晴で、明け方近くから雲が流れきて、明るくなる頃にはすっかり曇りになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

QSIの練習

375_qsi 土曜日は月の状態が良かったので、無理にでも撮影に行くべきか、とても悩んだのですが、結局自宅のベランダでいろいろと実験。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

QSIの問題

374_qsi QSIの電源投入時の問題を調べています。

最近はだいぶ寒くなってきたので、自宅のベランダでも、エラーが再現できるようになりました。

エラー時のLEDの点灯パターンは赤1回その後、黄色5回のパターンでした。フィルターホイールが正常に認識されないようです。

フィルターホイールのポジションを認識しているのは、写真の黒い四角の素子が光学的に読み取っているようです。

20度くらいの室内で、カメラ本体の温度も室内と同じ温度であれば、全く問題がありません。一度、正常起動してしまえば、電源を切らずにPCへ接続したまま、寒い屋外持ち出し、撮影ができます。カメラ本体の温度が10℃以下になっても問題はありません。もちろんCCD素子の温度は-20℃とか-25℃まで冷やしてもOKです。

ところが、カメラ本体の温度が10℃くらいまで下がった状態で、電源を入れると、赤1黄色5のエラーが発生してしまいます。

QSIさんに質問を投げたところ、ファームウェアのバージョンアップがされているとの回答を頂ました。いつも、丁寧で迅速な回答をくれるQSIさんには感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »